haranonaka


HOME   MAIL
<< 馬に蹴られて死んじまえ | main | 空腹は人を狂わす >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.07.31 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
フォアグラ養成所分店
高校卒業以来一人暮らし、非モテ街道、貧乏、独身とくれば郷の両親は忽ちフォアグラ養成所の有能教官に変貌するものです。何しろ彼等の記憶にあるのは大皿を綺麗に片付けてゆく若い体、色気を食い気にコンバートする不思議器官を内蔵する不細工ちゃんなのですから。でももうあたくしは老いた生き物、奇怪な風貌は年月の厳しい風をうけて更に歪みはしたものの、不細工で非モテでじゃあ痩せても痩せなくても一緒ではないか、ならば食え、さらば食え、やれ食えそれ食え満腹中枢を刺激する快楽に食道を滑り落ちる悦楽に味蕾をノックする逸楽に身を委ねよ、なあんてやっていたら覿面に腹を壊すのです。

ごめんねごめんね夏バテしてるのもうそんなに入らないよ一寸で良いンだ許してよだって妹だってあれしか食べてないじゃないかねえさんのあたくしがこんなに食べられる訳無いよ、と低姿勢で愛の鞭を遣り過ごそうとしていたのです。(でも通常の二日分の食料を一日で腹に収める日々)そんな教官達とも昨日でお別れ。手を振る二人を改札に残し、車中の人となったあたくしが本でも読もうと開いた旅行鞄の中身は、知らないうちに隙間にみっしり駄菓子がつめこまれておりました。嗚呼、そう言えば荷造りしてからシャワーを浴びたんだっけ。

ぼろぼろと零れる個包装の水菓子や焼き菓子やチョコレートを書き分けながら本を探していると、稚加榮の明太子まで出てきました。戴きものをそのまま横流ししてくれた様です。有難う、心配してくれて。貴方達の愛情に思わず目頭が熱くなります。


だけどあたくしの住まいは駅から歩いて20分。愛って……重いのね。
【2005.08.16 Tuesday 10:46】 author : 発条 | ごはん | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2008.07.31 Thursday 10:46】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
ああ。稚加榮の明太子…。
憧れの稚加榮の明太子。
とても素敵なご両親ですね。
稚加榮の明太子だけで1週間は生き延びられますね。
【2005/08/16 10:04 PM】 ~*Yuu |
何故か一週間持ちませんでした。つーか初めて蓋を開けた時点で既に半分消費されてました。食いさしだったのです。

それでも嬉しい稚加榮の明太子。太っ腹な両親に感謝しております。
【2005/08/19 10:56 AM】 発条 |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP