haranonaka


HOME   MAIL
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.07.31 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
自然の呼び声
ええと物凄く今更ですが、お誕生日おめでとうございますのメールだとか呟きだとか、色々ありがとうございました!はじめてあんなに沢山の人にお祝いの言葉を戴いた気がするあたくしは、つまりお友達が少ない可哀想な人です。
齢三十、小学生の時分の予言があたっていさえすれば、あたくしは今頃都会の灯を臨む小さな窓のある集合住宅を買い上げている筈なのですが、逆さに振っても頭金のじゅうぶんのいちも出てこないような困窮振りでございます。誰かお誕生日のお祝いに、蓄財の才をくれたらいいのに……!


さて、過日、記念すべき三十歳のお祝いにとバリエーションに富んだ動物画像添付のメールを三十通携帯に送信してくれた馬鹿野郎な悪友(翌朝気が付きました)(魂消た)(だが可愛かった)(ありがとうあいしてる!)と一緒に初代宮川香山を鑑賞して参りました。
……もとい、ガレとジャポニズム展におでかけしてきたのでありました。
ガレの初期作品の日本の作品からのインスパイアっぷりに驚き、あ、そっかガレはアートディレクターだもんね、と納得し、中期〜晩期には「やっとあたくしの好きなガレになってきた」と歓び、最終的な感想は

スイカ味のカリポリは微妙な味(観覧後に友人から貰った)
+
香山作品が好き過ぎる自分を再認識

と言った按配です。蟹カッコイイよ蟹。
実はあたくし、ガレ展におでかけするつい一月前に偶然香山を知ったのでありました。こんなに短期間に生の香山に出会えるとは、あたくしったらなんて果報者なのかしらん。写真だけでも圧倒されていたのですが、生は一入でございました。この蟹は夜中に動きだすんですよとか言われたら本気で信じそう。
【2008.07.16 Wednesday 18:26】 author : 発条 | OffReport | comments(2) | trackbacks(0) |
それはまるで洗面器のような
月曜の夜、仕事を終えてバレンタイン販促前線賑々しい百貨店地下を横目に待ち合わせの店の中に入ると、銀色の盥のような鍋が埃避けの薄紙に守られて、あたくし達を待っていたのでありました。

かおりんさんが帰国なすったために、(あたくしにとっては)久方振りに女子部の皆様とお膳を囲む機会を得たのでありました。相変わらず綺羅綺羅しい皆様のご様子に、あたくしはもうすっかりぼうっとなってしまいまして、碌に口も利けず仕舞いに、只管箸を動かしておりました。何しろうどんすきを戴いたのは初めてなのでございます。
マダームの乳に視線が釘付けになったりマダームのおみ足に視線が釘付けになったりかおりんさんがほっそりされて益々お美しくなったのに目を奪われたりオザヒナさんのお肌が内から輝くような清潔な可愛らしさに満ちている様子に陶然としたりくれはさんの髪型良くお似合いだなあとか相変わらず唇の形が好みだなあとか考えてぼんやりしたり(あっお誕生日おめでとうございました!)にこさんの絹のようなお肌や綺麗な足の形に心奪われたりゆうさんのキャミソールがとんでもなく良く似合ってらっさるご様子とか相変わらず理想的なバストラインを凝視したりみけさんの綺麗な髪とか上品な所作にねちねちと厭らしい視線を送るのが精一杯で後はびちびちする海老を煮え滾る鍋の中に沈めたり、ガンモドキに美味い叫ばされたり、檸檬美味いね檸檬言ったりするので精一杯でありました。

あたくし、何時だって女子部の皆様一人一人にお話したいことは山盛りあるはずなのにお会いした途端全部忘れて唯々目玉の幸せを味わうのに必死になってしまうのです。口も碌に利けない癖にじろじろと視線をぶつける不躾な人間、それがあたくし。なんて気持ち悪い人なのでしょうか。そして気持ち悪い人なのになんて幸せに生きているのでしょうか。


罰当たりにも眼福の口福の限りを尽くした挙句、にいづまのかおりんさんから、おみやにカレー粉とブイヨンとマヌカハニーのリップバームを御下賜いただいちゃったのでありました。ありがたい話でございます。ブイヨンは日本のより外箱から漏れる香りも濃いです。今週末はカレー祭りにしようかしらん。
【2008.02.05 Tuesday 18:59】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
夢のファム・ファタル
あたくしにまだ会った事が無くて、これからもお目にかかる予定のない皆様、こんにちは。
露西亜の妖精の如く可憐で、綺麗好きで、整理整頓が出来て、一日三食まっとうなご飯を食べていて、お料理上手で、お腹がぺたんこで背筋がちゃんとついていて、お金を貯める事が出来て、アンジェリーナジョリーやキャメロンディアスなんかに良く似た現代の天女とはあたくし、発条のことであります。

あたくしを見かけたことのある不幸な皆様、こんにちは。
最近の発条さんと言えば、体重が減らない奇病に苦しんでおります。背中の贅肉は体を僅かに傾ける度にぶるりぶるりと震え、尻から太腿にかけて、最早何処までが尻で何処からが太腿かも茫洋とした垂れ具合のその塊については、恐ろしいことにセルライトがびっしりと浮かんでおります。おまけに、悲しむべきことに頬の肉が重力への造反を続けることが出来なくなり、アンパンマンからブルドッグへの変貌を遂げかけているのです。一緒に悲しんであげてください。



ところで、先週の金曜日に、あたくし~*Yuuさんとお会いしてまいりました。
あたくしにまだ会った事が無くて、これからもお目にかかる予定のない皆様は~*Yuuさんの日記のあたくしへの描写の部分を斜め読みして大いに勘違いすると良いと思います。ちゃんと後半は読み飛ばすのですよ!早とちりマジ推奨なのであります。
そうして、あたくしと随分ご無沙汰していて、これから先の人生もどうやらご無沙汰しそうな悪運強いな皆様、皆様は是非私がかかる妖艶な美女へとメタモルフォーゼしたのだと思いましょう。信じるものは救われます。奇跡とはそれを信ずるものに与えられるのです。神の扉は貴方のために開かれているのです。
あたくしを知っていて、これから先も稀に、或いは偶に、運悪く頻繁に出くわす恐れのある可哀相な皆様は、最初から最後まで熟読し、取りこぼしの無い様にお願いいたします。


さておき、金曜日はビリーとミッチーのWブートキャンプで顔周りとか脇から胸にかけてのライン(横乳部分?)等がすっきりされている~*Yuuさんと沖縄料理など戴いていたのでありました。
ところで、あたくしは2年程前から細々と石鹸を作っております。それらは基本的には教科書通りのレシピで仕込まれるのです。なのにどうしてだか、できあがりはNHKのスプーとお姉さんが絵描きうたで描いたスプー位に差が出てしまうのでありました。それらのグロテスクな石鹸どもを前に、あたくしはがっかりしたりぼんやりしたり、出来が悪いのを小人の所為にしたりしているのですが、それらのどうしようもないグロ石鹸共を引き取ってくれる親切でゴージャスでメイドな女王様が~*Yuuさんなのでございます。畢竟、金曜の会合の本旨は、石鹸の授受なのでありました。
グリーンライチが美味いだとか餅クリームがうまいだとかヘッドセットマイク高EEEEEEEEEE!!だとか、島らっきょ美味いだとか、最早困ったちゃん担当、と言うか関西アパレル販売員の困った時はこの人!録表紙捲って一枚目見出し直下!位の勢いで大変な職場環境のお話を伺ったり、とても楽しい一餐でございました。


そして、見事に影響された土曜日はみっしり埋まっていたスケジュールをなんとか繰り合わせてグリーンライチを求めに市場に走ったので御座います。今年もグリーンライチ無事入手完了!しややせ!ただし、残念なことに、何もかも駆け足だったものですから、空心菜2束200円は見逃してしまいました。
でも良いのです。土曜日の残りの時間で我が家に新しい冷蔵庫を導入する手筈が整ったので、良いのです。今までの10年選手の冷蔵庫じゃあ空心菜買ったところで悪くしたかもしれませんし。新しい冷蔵庫は少し大きくなるので、野菜買い放題ですから。冷凍庫も広がって食材買い放題ですから。密かに大好きな冷凍ピザも入れ放題ですし、アイスだって冷やし放題。稚加榮の明太凍らせ放題!うっかり冷蔵庫で新しい生命体も発生させ……放題……!
【2007.05.28 Monday 17:37】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
関西女子部オフ(2)
未来成仏疑いなき、芸の手本となりにけり

さて、コスカラについたからにはお着替えです。

落下傘の如く広がったミニスカートの裾から真っ直ぐに足が伸びて、巻き髪に白いカチューシャを飾った姿はィギュアのお人形のような~*Yuuさんだと、元気で有能、健気な働き者テイストの眼鏡メイド、てぃーだ。さんのメイド二名だとか、何もしていないのに、腹筋に縦に走っている浅い溝もセクシーなベリーダンス風お衣装のくれはさん(似合うコスチュームの傾向が比較的似ているので、是非ミニスカポリスとお取替えして、かっちょいい婦人警官に悩殺されたかったのですが、生憎こちとらボーンの入った補正具で腹に縦線が別の意味でくっきり☆だったので泣く泣く諦めたのでありました。)にくらくらし、かねてより一度は生で、と渇望していたかおりんさんのレースクイーン姿には、び、美脚!美脚!くくくくびれ!脇腹とか触ってくる助兵衛親爺の気持ちが、今判った、と身悶え。そのかおりんさんのお見立てで、すらりと伸びた手足の健康美も眩しいチアリーダーの装いのnicoさんと、リボンとベストで生真面目で内気さを演出している癖に、タイガー&ドラゴンをドスの効いた声で唸ってあっさり腹黒発覚風味な女学生うるまさん、露草の如く初々しい町娘姿が何故か演劇部の風情漂うのかなめさんと三人並んで長椅子に掛けていると、何処かの高校生の放課後のよう。因みに、関西女子部の顔面偏差値及び体型偏差値引下げ担当のあたくしは、あんよたっぷたぷのミニスカポリスでした。鏡見た瞬間ダイエットを決意したね!帰宅してから一瞬で覆されたけど!相変わらず女子部は美々しい方に恵まれています。あたくしは、今、幸せです。


皆のアイドル、白雪姫の衣装をばっちり着込んだあのころ美(♂)さんは、ほれ象さんパンツはいてスカートの端咥えてぱおーんと開帳して見せろや、とハラスメントをひひ爺(=あたくし)から受けていたところを、麗しのレースクイーンに招かれて去ってゆきました。やっぱりおいたがすぎたんじゃろか、と少々反省しながらも、今度は象さんパンツを頬に押し付けてつけてやろうかひひひ、と構えていると
続きを読む >>
【2006.01.31 Tuesday 17:35】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
関西女子部オフ(1)
毎回出張ってくる札を、切り札と呼ぶんじゃないよッ!

関西女子部の不定期会合に参加してまいりました。
秋からこっち順調に肉と脂身を充実させてきたあたくしは最早恒例となりつつある補正具(ボディセパ+ガードル)をみっちりと着込んでのお出かけです。買った時には一時的な切り札であって、毎回着用しなくちゃあいけないものでは無かった筈なんだけど。最近のデブ化加速により、ライナー着ると脇の辺りから難民(肉)がどんどん溢れてきちゃうもんだから、恐ろしくってきれやしないのよ。遂に洗い替えまで買っちゃったとか嘘よね!誰か、嘘だと言って……。


いつもの待ち合わせの場所に辿り付くと、丁度向こう側からnicoさんが。

何時も最初にいるのって私かnicoさんですよねー、とご挨拶し、今回は何か持参されましたか、等とお話ししていると、ひょっとして女子部の方ですか?と可愛らしい方から声をかけられました。可愛らしい風情で佇んでおられたのは、かなめさん。会合裏テーマ、「汁」(※色んな汁ッ気たっぷりの同人誌の事)の単語に反応された模様。流石女子部、耳の立てどころが違うッ。
ちらほらとメンバーが集まりつつある中、メモライズオフの象徴、綺羅に輝く金色薬缶を提げてあのころ美(♂)さんご登場。然も、中には往事の忘れ物のハンドタオルだとか、チロルチョコだとかに紛れて黄色い象さんパンツがしっかり入っていたのです。凄い、流石シークレットメンバー、芸の仕込みは忘れてないぜ!


全員集合したところで、集合係では有るが、土地鑑が無い為に引率はさっぱりの私は、颯颯と歩む~*Yuuさんやかおりんさんの後を懸命に追います。お初天神って何処よ?曽根崎心中を連想するのが、精一杯なんですけれども、などと情け無い会話をうるまさんと話しつつ、無事到着。
今回の目的であるバンコク鍋をうまうまと戴きます。あたくしはくれはさん率いる「肉鍋」方面に着席。てぃーだ。さんとかなめさんが気働きが出来る方であるのを良い事に、ふんぞり返ってせこせこと箸を動かします。てぃーださんに至っては、「入れてね」とばかりに貝柱の盛られた皿を目の前に突きつけられている始末。笑顔で受け取ってくだすったけれども、発条さんったら調子乗りすぎです。ちったあ、働け。スイートチリソース的辛味に醤のような奥行きの、主張がしっかりしたお味なのに、フルーティーな甘さと酸味でで後味すっきりさっぱりなつけダレが野菜にも肉にも魚介にも素晴らしく合うのです。私は取り分け卵と豚と葱がお気に入り。締めのラーメンと雑炊も美味しかった。鍋をつつきながら、くれはさんの耳に住んでいる虫は黒い小さな甲虫でも蟻でもないことを確認したり、楽しいお仕事の話を伺ったり、年取ったら可愛い老人になるべきだ!という有難いお話に頷いたり、別に此処で着替えてくだすってもまったく構わないよ!と遣る気に充ちているあのころ美(♂)さんをけしかけたり。


お向かいのペットショップでフレンチブルドッグだとかパグだとかシーズーだとかグリーンスネイクだとかグリーンイグアナだとかに思い切り癒されてから、足取りもかろく向かうはコスカラ!だってあのころ美(♂)ちゃんがお召しまでご持参してるんだもん!ご冗談を、とか仰ってましたが、あれネタでしたなんて赦さない、それが関西女子部クオリティー。
【2006.01.31 Tuesday 16:39】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
コスカラ
「布地は少なければ少ない程偉いです」
「チェキ写真、カラーコピーさせて戴けませんか?」
「ところで、次は何時?来週?」


金曜は梅田にあるコスカラで綺麗なおねえさん方が色取り取りのコスチュームに身を包むのに見とれていたのです。
参加者は~*Yuuさん、くれはさん、かおりんさん、オザキヒナタさん、うるまさん、あたくしの総勢6名。

セーラー服に身を包んだピンナップガールだとか陶磁の肌持つ舶来人形のよなメイドさんだとか、スカートから覗く美脚も眩しい女子高校生だとか制服の下のランジェリーは馬鹿高そうなナースさんだとか笑顔で修学旅行の男子高校生の心を撃ち抜くバスの添乗員さんだとか、冷徹なナチス将校だとか機長すら命令下にありそうな超有能キャビンアテンダントとか親切だけれども規律に厳しい主任さんだとか、最早メイド服を着るために生まれたとしか思えぬメイドさんだとか高校の時にいたクラスで一番可愛い女の子だとか、小児科棟で退院するお子さんからお手紙を貰えそうな看護婦さんだとか図書館がお友達の女子高校生だとかが現出して、もう、本当に生きていて良かった……!眼福の極みだよ!あたくし、死ぬ時までこの目玉の幸せを神に感謝するでしょう。
因みにあたくしが纏った衣装はキャビンアテンダントと軍服。後で戴いた写真を確認したところ、キャビンアテンダントの癖にスカーフを開襟の中に入れないという愚行を犯しておりました。後悔で胸がはちきれそう。



ナース服がエロ目的で不当に丈が短い割に、ウエスト周りがぶかぶかでもっとタイトに!もっと体の線を!と悶えねば成らなかった事と、個人的にはメイド服はロング派なのでもう少し裾があっても良いンじゃないかしらん、って事と、何よりレースクイーンが拝めなかった事が心残りでありますが、誰一人としてマイクを握らず、着替え→撮影大会→コスチューム交換→撮影大会で時間一杯を使ったのが関西女子変態部らしく心震える一時でありました。
戴いた写真を友人にみせびらかしたら、「スカーフは開襟の内側だ!」と思い切り突っ込まれましたが。
【2005.08.22 Monday 16:56】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
メモライズ一周忌オフ/発条レポート一覧
今回のオフレポ纏め一覧。


*メモラ一周忌オフ参加のお知らせ
*MEMORIZEオフレポ<序>:はじまりのはじまり
*MEMORIZEオフレポ<1>:M旗よ我等を導け
*MEMORIZEオフレポ<2>:お楽しみはお食事の後で
*MEMORIZEオフレポ<3>:士、三日会わずば刮目して相対すべし
*MEMORIZEオフレポ<4>:そして七つ目の喇叭は吹かれた
*MEMORIZEオフレポ<5>:全参加者神戸屋化計画
*MEMORIZEオフレポ<6>:ああ、この朝だ、この感じだ
*MEMORIZEオフレポ<跋>:宴も始末
【2005.08.11 Thursday 09:34】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
MEMORIZEオフレポ<跋>:宴も始末
序と跋含めりゃ8本構成、然も長文、それも駄文、加えて5日間構成となれば最早公開型自慰の域というよりも何がしか壮大な馬鹿をやっている気配が濃厚ですが、良いの、全ては、あたくしの為に!

「さてワルプスギスの夜も遂には明けぬ。されば我等一同帰り路につき、ヒュプノスの御手に頭を預けん。熱情に浮かれた魂に、暫しの休息を与えんが為に。」

なんか色々別の宗教まじってねえか?とか言うな。最後なんだから。
===============

JR、地下鉄組と阪急電車組に分かれたあたくし達。阪急沿線沿いに住まいのあるあたくしは無論、阪急組に付き従うのです。道行を同じくするのはくれはさん、オザキヒナタさん、Chronoさん。小腹が減りましたね、でも最寄駅に帰ったところできっとどこも空いてないですよね、と先ずは駅付属の喫茶店が開店していないかと改札まで進むのですが、矢張り休日早朝、堅くシャッターを閉ざしているのでありました。
まいったね、と肩を竦めればヒナタさんが「そう言えば下の方に何時も変な時間も開いている喫茶店があるんですけれど、そちらも覗いて見ます?」と教えてくださいます。素晴らしい、流石は根城とされているだけはあります。エスカレータで再び地上へ降りると、果たしてその店は既に営業を開始していたのでありました。素晴らしい。
見事に愛想の無いウエイトレスに野菜サンドとアイスティーを注文しました。矢張り神戸屋の衣装は稀に見る可愛らしさであるのだなあ、と働くおねえさんを眺めながら感慨に耽るあたくし。そりゃああんなにレベルの高いウエイトレス(コスチュームプレイだが)を見ていればそんな感想しか沸かないのは当たり前なのやもしれません。旧メモライズユーザー情報についてはmixiでコミュニティー参加が一番ですよとか、くれはさんの侠気溢るる準備作業話だとか、素敵ダイエットのお話など此処でも有意義なお話を幾つか。大半は「総じてメモライズ関西オフと言うものは凄いの一言に尽きるよね」と言う先程までの饗宴を振り返るお話でした。オザキヒナタさんは「今回、お客様状態でした。次は頑張らないと」と誓いを新たにしていらした。あ、あれだけ歌って踊れてアイドルオーラ振りまいてお客様って、充分運営スタッフ側だと思います。流石芸達者さんんは言うことが違うのです。
それにしても徹夜明けの危なっかしい胃の中に少しでも優しいものをとセレクトした野菜サンド、マヨネーズとハムが些か厳しい。結局半分残ってしまって、同じく半分を片付けるのが精一杯であったらしきオザキヒナタさんと二人で一つで良かったのかもしれませんね、と苦笑いしながら店をでました。
最後までご一緒になったくれはさんとホームを歩けば前方に素晴らしく露出度の高く、加えて素晴らしい体型(婉曲的表現)の方が歩いている。失礼ながら、矢張りメモライズ関西女子変態部はレベルが高いよね、と引き合いに出させて戴いたりして、最後は一人。電車の窓から差し込む朝日の、なんと眩しい事か。

すごかった、今年も本当に物凄かったよメモライズ一周忌オフ〜ひとまわり大きくなったワタシたち〜(裏テーマ:神戸屋オフ)……!
【2005.08.11 Thursday 00:35】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
MEMORIZEオフレポ<6>:ああ、この朝だ、この感じだ
明日から実家に帰る予定なのです。このままではオフレポが盆明け完了になるよ!頑張れ、あたくし。
一文で判るこれまでのおはなし。
「それぞれのカラーで神戸屋の制服を着こなし、興奮に頬染める関西女子変態部。関西男子変態部部長もその責を喜びの笑顔で果たし、宴は最高潮に盛り上がる。」

……もう、何も言うまい。
===============

手洗いから出て部屋に戻ろうとすれば扉が開きません。何方かが凭れている模様。上半身でぶつかる様にして押し開き、まろんだ人間に詫びの一言も無く蹴りを入れるあたくし。まだ一寸理性が飛んでいたようです。おそるべし神戸屋。
中ではカラオケが再開されておりました。先程興奮し過ぎた所為か皆さん些かまったり。カラオケを歌う人、おしゃべりに勤しむ人、本格的に沈む人。此処でやまかずさんはオフ後の予定もあるとかで退場されました。メモライズオフのカメラマン、こいひめさんがいらっしゃらなかった分も、と沢山シャッターを切ってらした気遣いが素敵でした。お疲れ様です。
朝5時起きでピンクレディーのおさらいをしたと言うオザキヒナタさんは素晴らしく眠そう。かおりんさんは鞄から「寝る用布」を取り出して就寝準備万端、由希弥ちゃんは神戸屋のお衣装の侭意識を失っておられます。Keyさんも移動して就寝、あのころさんも眠っていらっしゃる模様。~*Yuuさんは「ねちゃうから」と歌い続けてらっしゃいます。あたくしもその範に漏れず眠たいのです。幾ら夜型にシフトしているとは言え、体力の衰えが甚だしい。

眠気覚ましに、と振舞われたポテトを口に投げ入れつつ、口が動いている間だけは頭がはっきりしますよね、等と戯言を吐きながら眠気覚ましに何か歌おうか、と思っていると何時しかカラオケは徹夜の飲み会お約束、なアニメ系縛りにシフトしているのでした。然も中途半端に懐かしめ限定。だけれども頭が働かないから何が歌えたか思い出せない。結構色々覚えているはずなんだけれどもなあ。ふじはじめさんがいきいきとして曲を入れていっていらっしゃるのをぼんやり眺めるのが精一杯です。
脱落者が屍を晒す中、そろそろおひらきなので、と清算に立たれていた~*Yuuさんから電話が入った(らしい)のでした。どうやら金額面で店側と揉めているらしい御様子。はらはらと気を揉んでいた所、誇らかに~*Yuuさんが凱旋なさいました。
「お一人様1600円ですッ」
安ッ。神戸屋ショーを堪能した金額とは、とても思えません。お話を伺えば当初のプランと違うコースに変更されかけ、一時は10万超となっていたらしいのです。それを~*Yuuさんの厳しくも正しい抗議によって本来の金額に修正されたとの事。名幹事ぶりを此処でも遺憾なく発揮、と言うか光り輝く神に見えます。


此処で漸く黒華さんがお目覚め。たっぷりねました、と非常に幸せそうなお顔をされていらっさいますが、そこはそれ、君は此の世で最も素晴らしいものを見逃しておりますから。目玉を授けてくれた神様に跪いて感謝すべき時にも目を閉じておられたのですから。実は貴方は不幸だ、不幸のキーワードはパンだ、と口々に言ってはにやつく面々、苛めっ子の表情です。

看板を片付けかけているカラオケ店の外に出れば、空は既に明るくなっていたのでした。あのころさんが昨年のオフに思いを馳せていらっさるのを耳にして、彼に倣って昨年もこうして朝の空を見て、薬局でドリンクを買って、あの日は今日よりも遅く退出したからカフェで朝御飯を食べたのだっけ、と思い出してみるあたくし。思えばあの騒動、移転先を探して不安になっていた時期からもう一年、経ったのです。MEMORIZEサイトも最早消失して長い。

一次会の集合場所で朝早いからお店もやってないし、と解散。お疲れ様でした、と交わされる声響く空は青く眩しい。メモライズ一周忌オフ〜ひとまわり大きくなったワタシたち〜(裏テーマ:神戸屋オフ)、とうとう終了です。
今年も、凄かった……!
【2005.08.10 Wednesday 23:52】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
MEMORIZEオフレポ<5>:全参加者神戸屋化計画
オフレポダイジェスト:
「二次会も大盛況のうちに終了し、三次会へ。歌う者踊る者乳首を吸われる者眠りの淵へ消える者、様々に宴を楽しむ人々の中で、メリー・ポピンズの鞄が音高く開いた」

ぼんやりしているに既にオフから四日を過ぎているのでありました。振り返れば遠い記憶のような、つい昨晩までの狂乱であったような。
数多の夜を越えて尚、参加の原則「オフレポはage」が終了できていないぐずぐずぶりに焦りつつ遂にハイライト、神戸屋編へ。

===============

スーツケースの中身は本物の神戸屋の制服だというふじはじめさんの台詞に、皆は色めき立ちました。
更にシルバートレイ、トング、神戸屋店内用プレート、偽物のパン(それも水中撮影用に重みがあるもの)と次々と小道具も出てくるのです。
そもそもは由希弥ちゃんのお友達から「オフで着せて欲しい」と依頼を受けてふじはじめさんがお持ちになったお洋服なのですが、関西変態部の面々がそれを見逃す筈も無い。殊に麗しのコスプレ部隊、~*Yuuさんとかおりんさんとオザキヒナタさんの目は既に爛々としております。
「いいですよ、皆着てみて下さい。ブラウスのサイズもあるし」
とふじさん。お高い上に貴重なお召し物をあっさりと提供して下さるなんて、なんて太っ腹なの!剛毅だわ!お大尽だわ!有難う有難う有難う!


先ずは美しき部長、~*Yuuさんがマイクを持って踊りながらの生着替えショーのはじまりです。恭しく傅くのはkeyさんとふじはじめさん。慣れた手際でブラウスを着せ掛けリボンを留めまして、巻きスカートをスカートの上から、その上にギンガムチェックに胸を強調するデザインのエプロンを蝶結びにすれば、あっと言う間にかわいいウエイトレスさん♪の出来上がり。接客は完璧、フロアの隅々まで目を通し、他ウエイトレスの動向も全て掌握してそうな美しくも万能な……でも社員になれと言われても頑として首を振らないであろう(だって神戸屋のウエイトレスユニフォームは社員には着れないのだから)素敵ウエイトレスの登場に一同大いに沸きかえります。
シルバートレイ片手に賞賛を浴びた~*Yuu(神戸屋)さんは嫣然と微笑むと「煙草買ってきまーす。神戸屋で(意訳)」と一言、カメコ引き連れカラオケボックスの扉を開いたのでありました。
時を前後して、レジ打ち神戸屋選手権の覇者、とかバックヤードに表彰写真が飾られてそう・後任指導も完璧そう・密かにタイムカード通した後でひっそり無給で働いちゃったりもしてそうなきりりとした面差しの有能ウエイトレスくれは(神戸屋)さんが誕生し、~*Yuu(神戸屋)さんとはまた違う魅力で一同を悩殺した後、颯爽と後を追いかけてゆくのでありました。出て行くお二人も素晴らしいけれども、それを当然の事とカメラを持って付いて行く人、喝采を送る人、流石メモライズメンバーは濃ゆくて素敵です。

続いてユニフォームと言えば、なオザキヒナタさんとかおりんさん。似合うに決まっているのです。可愛らしいに決まっているのです。エプロンリボンは広げて結んだ方が可愛らしいから、と甲斐甲斐しくいもおと系ウエイトレスオザキヒナタ(神戸屋)さんの衣装を調える優しい隣のお姉さん系ウエイトレスかおりん(神戸屋)さん。その仲の良い姉妹のような、一幅の名画の如き光景にお着替え途中ながらシャッターが切られます。あたくしも思い出すだけでご飯三膳はかたい。揃って立ったお二人はまるで神戸屋のイメージガールのよう。男性陣総立ち、フラッシュとシャッターの連続でまるで撮影会の趣です。神戸屋でお二人が勤めていたら日参する人が出来るよ!ひっそりファンサイトとか出来そうだよ!

そんな綺羅綺羅しいお二人の後でグロテスクな図体を晒すのは大いに、大いに気が引けるところなのですが、でも神戸屋、でも本物、こんなチャンス無いかもしれない、理性なんて嵐に揺れる小船の如きものでした。皆さんの寛いお心に感謝しつつお着替え。あたくしは神戸屋で若く可憐で内気なのに巨乳と言う萌え属性満載の新人由希弥(神戸屋)ちゃんを妬んで事あるごとにいびり倒す厭な先輩の役どころです。
実はあたくしかつて、マッチョとは行かないまでも男性性をそれなりに発露した殿方を踏んで蹴って詰って楽しんでいた人種でした。可愛らしかったり可憐だったり美しかったりする女性及び一部男性は大事大事に籠に入れて外の風もあてぬ風情で可愛がっては気持ち悪がられて逃げ出されるのが常でした。
嗚呼、でも由希弥(神戸屋)ちゃんが悲しげに目元に手を遣る(注:演技)度に、疾うに鑢で削った筈のあたくしのSの血が騒ぐ……って言うか愉しい。ヤバイ。あたくしかわい子ちゃんでもいけるかもしれない。


新しい境地に慄いているところに一時退室されていたあのころさんと櫂さんが御帰還。早速トングで乳首を挟まれるあのころさん。そのまま写真撮影を受けるあのころさん。ちくびの人の乳首は何時だって狙われています。
由希弥(神戸屋)ちゃんは氏が為に用意されたお召しであること、余りにもお似合いであることから其の侭据え置き、次の神戸屋化計画のターゲットは……ちくびの人、あのころ(神戸屋)さんだー!ぱちぱちぱちぱちー。

一応嫌がる素振りを見せてらっしゃいましたが、その割りに自分から制服に腕を通されましたね、ノリノリですね、本当は着てみたかったのですね。一寸渋れば皆が懇願してくれるから、それを待っていたのですね。厭だとかこれは夢だとか目が覚めれば何もなかった事にとか信じないとか全部嘘でしょう、信じられないのは楽しくて仕様が無い自分の癖に!タオル詰めて胸作ってこぼれんばかりに笑顔浮かべてらした癖に!素敵よ、あのころさん!今年も素晴らしいわ!


次いでお着替えをする櫂(神戸屋)さん。「うん、新しい」と納得の呟きを漏らす彼女は、アメリカのロータリーでならず者から無愛想にオーダーを取る勝気で剛毅で豪快でだけれどお色気たっぷりななウエイトレスの風情。きっと彼女なら無法者に指一本触れさせず、蛮勇の輩共の胸に秘められたアイドルとなる事でしょう、と勝手な脳内ストーリーは進むのでありました。
最後には渋っていたうるまちゃんまで制服に腕を通します。神戸屋のユニフォームには理性の箍が外れる何かがあるのです。うるま(神戸屋)ちゃんの立ち姿は「働くことが初めてです☆神戸屋初日編」とでも名付けたい。トレイ持つ手も震えるリアリティーなのです。

この多様振り、これだけの人数が居ながらにして誰一人としてキャラクターの被らない多彩振り、眼福振り、皆さんの瞳に焼きついて生涯忘れえぬ夜になる事でしょうよ、と一同を見渡せば、黒華さんの安らかな寝顔が目に入りました。うわあ、今宵の不憫の一番星だよ、君は!
神戸屋コスの後はつい陶然として皆魂が妖精の野に遊ぶ。
「働きたいです」
「パートアルバイトでね。頑張っても店員にはならないのね」
「この服を着た自分の為に辛い仕事に耐えられそうですよね」
「ヤフオクで検索かけなきゃね」
「アンミラは制服管理が物凄く厳しくて本物は殆ど流通してませんよ」
「あれは夢だ」
「現実じゃないんだ」
あたくしも魂の叫ぶが侭に色々と口を開いていたのですが、結果はちくびの人兼神戸屋の人たるあのころさんから「厭な女だ」と連呼される始末。あらヤダ、愉しいわ。



そしてあたくしは今まで散々我慢していたお手洗いに立ちます。だって神戸屋計画が発動しているのに席を外すなんて勿体無いこと、出来る訳がないじゃないですかっ。
【2005.08.10 Wednesday 19:23】 author : 発条 | OffReport | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP